コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CLS

2件 の用語解説(CLSの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CLS

日本語では共通言語仕様と呼ぶ。.NET Framework上で動作するアプリケーションを記述するプログラミング言語サポートしなければならない機能セットの定義。CLRおよびCTSに含まれる機能において、プログラミング言語間の相互運用性を保証するために必要な機能をCLSで定義されている。その結果CLSに準拠したプログラミング言語を使用することで、他のプログラミング言語で作成したコードに確実にアクセスできるようになる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

CLS

〖child life specialist〗
入院中の子どもの精神面をケアし、その生活全般を支援する専門家。遊びを通じた心のケアやプレパレーション(インフォームド-コンセントの一種)などを行うほか、子どもの病気に関する家族の悩みや不安にも対応する。チャイルド-ライフ-スペシャリスト。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CLSの関連キーワードCVBACTS共通語クロダイ対象言語日本語入力ソフト植民地文学現代語GXML

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CLSの関連情報