CMOS RAM(読み)しーもすらむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CMOS RAM

PC互換機で、ハードウェア構成に関する情報が格納されているバッテリーバックアップされた小容量のRAM。単に「CMOS」あるいは「CMOSメモリー」と呼ばれることもある。CMOS RAMには、メインメモリーの容量やディスクのジオメトリパラメーター、チップセットの設定などの情報が記録される。これらの情報はBIOSセットアップでその設定を変更すると書き換えられる。 CMOS RAMの語源は、IBM PC/ATで実装されたRTCチップMC146818に内蔵されていた64bytesのメモリーである。このRTCが、IBM PC/ATで使われている部品のうち数少ないCMOSプロセスのチップだったため、このような名称がついたようだ(RTCがCMOSで製造されているのは、バッテリーバックアップのために消費電力を抑える必要があったため)。現在のPC互換機の中を見ると、CMOSでないチップのほうが少ない。 最初はRTCに内蔵されていたCMOS RAMも、現在ではRTCごとチップセットに組み込まれてしまっている。またEISAのシステムでは、拡張デバイスの自動設定に利用するコンフィギュレーション情報を格納するために、CMOS RAMの容量が4Kbytesと大きくなっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android