コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CMOS (デジカメ) しーもす

1件 の用語解説(CMOS (デジカメ)の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CMOS (デジカメ)

相補性金属酸化膜半導体。デジタルカメラでは、フォトトランジスタと、その電荷を読み取るための増幅器が集積された、CMOSプロセスで作成る受光素子を差す。CCD撮像素子に較べ、小型、安価、低消費電力スミアが生じないといった特徴がある。半面、画質を向上させようとすると、結局高価となるため、コンパクトデジタルカメラでは採用されていなかったが、09年は採用が一気に進みそうだ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CMOS (デジカメ)の関連キーワードデジカメピクトブリッジNMOSコンパクトデジタルカメラスチールカメラ相補型金属酸化膜半導体デジタル一眼レフカメラデジタル写真デジタルスチールカメラデジタル対応レンズ

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone