コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CMOS (デジカメ) しーもす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CMOS (デジカメ)

相補性金属酸化膜半導体。デジタルカメラでは、フォトトランジスタと、その電荷を読み取るための増幅器が集積された、CMOSプロセスで作成る受光素子を差す。CCD撮像素子に較べ、小型、安価、低消費電力、スミアが生じないといった特徴がある。半面、画質を向上させようとすると、結局高価となるため、コンパクトデジタルカメラでは採用されていなかったが、09年は採用が一気に進みそうだ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

CMOS (デジカメ)の関連キーワード裏面照射型CMOSイメージセンサー有機薄膜CMOSイメージセンサーBIOSバックアップバッテリー有機CMOSイメージセンサー裏面照射型CMOSセンサーCMOSイメージセンサーシーモスイメージセンサーLive MOSセンサーローリングシャッター現象デジタル一眼レフカメラCCDイメージセンサー相補型金属酸化膜半導体インターアクションTillamookFoveon X3CMOS RAMイメージセンサーFastBootCMOSセンサーExmor R

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android