コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CO2排出量

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

CO2排出量

日本での05年度の排出量(速報値)は12億9700万トン。排出主体別では、産業からの割合が36%で最も大きく、家庭21%(自家用車分を含む)、業務18%、運輸14%など。基準年(日本は90年度)と比べて最も増えたのは業務の42%増で、旅客40%増、家庭37%増と続く。産業部門は3・2%減。家庭で増えたのは、核家族化で世帯数が増えたのと電化製品の増加。テレビは1・3倍に増え、パソコンや温水洗浄便器、DVDプレーヤーが多くの家庭に普及した。

(2007-01-05 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

CO2排出量の関連キーワードオフセット・クレジット(J―VER)制度二酸化炭素(CO2)排出原単位増える業務部門のCO2排出量地球温暖化対策のための税コンバインドサイクル発電CO2排出量の規制方法NEO QG18DEカーボン・オフセットカーボンプライシング柏の葉スマートシティCO2削減・排出規制経団連の自主行動計画カーボンオフセット日産 ハイパーミニレジ袋無料配布中止国内クレジット制度地球温暖化対策税フードマイレージガソリンエンジン気候変動とインド

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CO2排出量の関連情報