コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

COMモデル こむもでる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

COMモデル

MS-DOSにおけるプログラミングモデルの1つ。x86の16ビットアーキテクチャーでは、セグメントを使えば64Kbytesを超えるコードやデータを扱うことができるが、このセグメントをいっさい使わず、プログラムやコードをすべて64Kbytes以下だけに限定して行なうプログラミングモデル。プログラムが簡単になり、セグメント操作に伴う煩雑さからも解放されるので、初期のプログラムや、簡単なプログラムでよく使われた方式。工夫次第では64Kbytes以上のコードやデータも扱うことができるが、基本的にはすべて64Kbytes以下のコードやデータしか扱わない場合に向いている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

COMモデルの関連情報