コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

COP15

1件 の用語解説(COP15の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

COP15

地球温暖化を防止するために、1997年に採択された京都議定書温室効果ガスの削減期間は2008年に始まり、12年に切れる。温暖化による被害が極めて深刻と世界で危機感が強まり、2年前にインドネシアバリ島開かれたCOP13で、13年以降の国際枠組み(ポスト京都議定書)を、COP15までに決めようと交渉が始まった。京都議定書は、産業革命以後、排出し続けてきた先進国にまず削減を義務づけたが、01年に世界最大の排出国だった米国が離脱したうえ、経済成長が著しい中国やインドなど新興国の排出量は急増しており、京都議定書を批准した先進国の排出量は今では世界全体の約3割にすぎない。このため、COP15では、米国と新興国も含めた主要国が排出削減に参加する新しい枠組みづくりを目指した。

(2009-12-20 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

COP15の関連キーワード省エネルギー気候変動枠組条約地球温暖化防止条約温暖化クール・ビズ地球温暖化防止森林吸収源10ヶ年対策温室効果ガスと県の温暖化防止対策地球温暖化対策推進法民主党の脱地球温暖化戦略真鍋淑郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

COP15の関連情報