COREPER

世界大百科事典内のCOREPERの言及

【ヨーロッパ連合】より

…加重特定多数決の適用範囲は,単一ヨーロッパ議定書,マーストリヒト条約,アムステルダム条約によって拡張され,共通外交安全保障政策や司法・内務協力の一部の決定にも使用されるようになった。 常駐代表委員会(COREPER)は,理事会の下部機関として1967年7月に発効した融合条約によって正式に制度化された。常駐代表(大使)で構成されるCOREPER-IIと副代表(公使)で構成されるCOREPAER-Iとがあり,政策領域で仕事を分担している。…

※「COREPER」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android