コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

COSO ERM こそいーあーるえむ

1件 の用語解説(COSO ERMの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

COSO ERM

COSO(米国トレッドウェイ委員会組織委員会)が2003年に公表した、内部統制に関する新しいフレームワークの草案のこと。従来、COSOの出している報告書では、内部統制は3つの目的と、5つの要素から構成されていた。3つの目的は、(1)業務の有効性・効率性を高めること(2)財務報告の信頼性を確保すること(3)関連法規の遵守である。5つの要素とは「統制環境」「リスクの評価」「統制活動」「情報と伝達」「監視活動」である。COSO ERMでは、目的に「戦略」を加え、5つの構成要素に「目標の設定」「リスクの特定」「リスクへの対応」の3つを付加している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

COSO ERMの関連キーワードOCOGトレッドトレッドパターンミッドウェーツーウエーストレッチレッドウッドビートレッド研究開発専門委員会COSOキューブ水中トレッドミル (aquatic treadmill)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone