コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

COSO ERM こそいーあーるえむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

COSO ERM

COSO(米国トレッドウェイ委員会組織委員会)が2003年に公表した、内部統制に関する新しいフレームワークの草案のこと。従来、COSOの出している報告書では、内部統制は3つの目的と、5つの要素から構成されていた。3つの目的は、(1)業務の有効性・効率性を高めること(2)財務報告の信頼性を確保すること(3)関連法規の遵守である。5つの要素とは「統制環境」「リスクの評価」「統制活動」「情報と伝達」「監視活動」である。COSO ERMでは、目的に「戦略」を加え、5つの構成要素に「目標の設定」「リスクの特定」「リスクへの対応」の3つを付加している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

COSO ERMの関連キーワード海綿

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android