コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

COSO ERM こそいーあーるえむ

1件 の用語解説(COSO ERMの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

COSO ERM

COSO(米国トレッドウェイ委員会組織委員会)が2003年に公表した、内部統制に関する新しいフレームワークの草案のこと。従来、COSOの出している報告書では、内部統制は3つの目的と、5つの要素から構成されていた。3つの目的は、(1)業務の有効性・効率性を高めること(2)財務報告の信頼性を確保すること(3)関連法規の遵守である。5つの要素とは「統制環境」「リスクの評価」「統制活動」「情報と伝達」「監視活動」である。COSO ERMでは、目的に「戦略」を加え、5つの構成要素に「目標の設定」「リスクの特定」「リスクへの対応」の3つを付加している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

COSO ERMの関連キーワードCOSO日本版COSO報告書COSOキューブ内部統制

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone