コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CRT(Crisis Response Team、危機対応チーム)

1件 の用語解説(CRT(Crisis Response Team、危機対応チーム)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

CRT(Crisis Response Team、危機対応チーム)

2001年、大阪教育大付属池田小学校(大阪府池田市)で起きた児童連続殺傷事件をきっかけに、混乱する学校現場に学外の専門家が入り、危機対応を担おうという機運が高まった。2004年の山口県を皮切りに、長崎、静岡、和歌山、大分、石川各県で順滋組織が立ち上がった。静岡県では04年、静岡市内の中学校サッカーゴールが強風で倒れて男子生徒が死亡、対応に追われた当時の校長が事故直後に自殺した事案が発足の契機になった。

(2011-01-30 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CRT(Crisis Response Team、危機対応チーム)の関連キーワード尋常小学校大阪教育大学付属学校医療観察法大教大付属池田小児童殺傷事件大阪教育大付属池田小学校児童殺傷事件付属池田小事件大阪教育大付属池田小児童殺傷事件大槻健桜井祐男

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone