コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CSG連合 シーエスジーれんごう

1件 の用語解説(CSG連合の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シーエスジーれんごう【CSG連合】

正称は日本化学・サービス・一般労働組合連合。連合の加盟組合。1996年全化同盟一般同盟,化学研が合併してCSG連合が発足した。全化同盟(正称は全国化学一般労働組合同盟)は,1950年の総同盟(日本労働総同盟)の分裂で当時の化学同盟が,全化同盟,合化労連,化学同盟に分裂した中で,友愛会,総同盟の伝統をうけつぎ,翌51年11月にわずか2万人で結成し発足した組織であった。また,一般同盟は,1966年に〈既存の産業別組織に整理しがたい単位組合を地方一般同盟に組織し,その中央組織として〉結成された組織である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone