コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CTとMRI

1件 の用語解説(CTとMRIの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

CTとMRI

CT(コンピューター断層撮影)は、人体に照射して吸収されずに透過したエックス線をもとに、MRI(磁気共鳴断層撮影)は強い磁場のなかで電磁波を当て、「核磁気共鳴」という現象による信号から体内の様子を画像化する技術。CTは解像度が高くて細かいところまで見ることができ、検査にかかる時間も短い。MRIは骨に邪魔されなかったり、放射線被曝がなかったりする利点がある。

(2014-04-16 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CTとMRIの関連キーワードコンピュータ断層撮影CTCTスキャンコンピューター断層撮影装置コンピューター断層撮影法コンピュータートモグラフィーCTスキャナーPETとCTX 線コンピューター断層撮影コンピューター断層撮影

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CTとMRIの関連情報