コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CTI しーてぃーあい

4件 の用語解説(CTIの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CTI

コンピューター電話統合と訳す。コンピューターと電話やFAXを連動させて情報を効率よく管理するための技術の総称。たとえば、コールセンターで電話を受ける際に、電話番号から自動的に顧客の情報を画面に表示する技術や、外出先から電話を通して、自分宛の電子メールを読み上げさせる技術などがこれに当たる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シー‐ティー‐アイ【CTI】[computer telephony integration]

computer telephony integrationコンピューターシステムと電話網を統合して利用する技術。企業のコールセンターなどで顧客情報のデータベースを利用したり、電話の待ち状態を着信順に処理したりすることなどが可能になる。コンピューターテレフォニーインテグレーション。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

シーティーアイ【CTI】

電話とコンピューターを連携して利用する技術の総称。コールセンターやサポートセンターなどで、顧客の電話番号から顧客情報をデータベースに照会したり、自動発信や自動転送したりすること。◇「computer telephony integration」の頭文字から。「コンピューター電話統合」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

CTI

〖computer telephony integration〗
コンピューターと電話の機能統合、あるいはそれによって得られる高度なサービス。企業の電話窓口において、発信者の電話番号から自動的に顧客データを検索することがその例。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CTIの関連キーワードコンピューターサイエンス非ノイマン型コンピューターコンピューターアートコンピューター組版ハイブリッドコンピューターミニコンピューターテレコンピューティングファジーコンピューターボードコンピューター無停止コンピューター

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CTIの関連情報