コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CTI しーてぃーあい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CTI

コンピューター電話統合と訳す。コンピューターと電話やFAXを連動させて情報を効率よく管理するための技術の総称。たとえば、コールセンターで電話を受ける際に、電話番号から自動的に顧客の情報を画面に表示する技術や、外出先から電話を通して、自分宛の電子メールを読み上げさせる技術などがこれに当たる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐ティー‐アイ【CTI】[computer telephony integration]

computer telephony integrationコンピューターシステムと電話網を統合して利用する技術。企業のコールセンターなどで顧客情報のデータベースを利用したり、電話の待ち状態を着信順に処理したりすることなどが可能になる。コンピューターテレフォニーインテグレーション。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

シーティーアイ【CTI】

電話とコンピューターを連携して利用する技術の総称。コールセンターやサポートセンターなどで、顧客の電話番号から顧客情報をデータベースに照会したり、自動発信や自動転送したりすること。◇「computer telephony integration」の頭文字から。「コンピューター電話統合」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

CTI

〖computer telephony integration〗
コンピューターと電話の機能統合、あるいはそれによって得られる高度なサービス。企業の電話窓口において、発信者の電話番号から自動的に顧客データを検索することがその例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CTIの関連情報