Carinthia

世界大百科事典内のCarinthiaの言及

【ケルンテン[州]】より

…山と湖に恵まれた風光明美の地で夏季には観光客が多い。 古名はカリンティアCarinthia。この一帯は45年にローマの属州ノリクムの一部となり,590年前後に南スラブ系のスロベニア人が進出,彼らは初めはトルコ系アバール族の支配に,8世紀にはバイエルン太公,次いでフランク国王の宗主権に服した。…

※「Carinthia」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android