Chaenomeles

世界大百科事典内のChaenomelesの言及

【ボケ(木瓜)】より

…高さ2~3mほどになるバラ科の落葉低木(イラスト)。中国原産。春に咲く淡紅色の花を観賞するため庭園に植えられ,また切花や盆栽にも多用される。互生する葉は楕円形から長楕円形で,細かい鋸歯があり,枝にはとげがある。花は径2~3cm,ときには5cmを超え,花弁は長楕円形から円形,おしべは多数,めしべの花柱は5本で,園芸品種には下部に毛を密生するものから無毛のものまである。楕円形で,長さ8cmほどの果実は,黄緑色から黄色に熟し,芳香があり〈木瓜(もつか)〉の名で消化器系の病気に使われ,また酒石酸やリンゴ酸を含み,香りもよいので砂糖煮や果実酒にも使われる。…

※「Chaenomeles」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android