コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Chari-Nile ChariNile

世界大百科事典内のChari-Nileの言及

【ナイル・サハラ語族】より

…ニジェール川中流からサハラ南部,さらにスーダンから白ナイル川沿いの東アフリカにまで至る広い地域に分布するアフリカの言語グループ。下位区分には,(1)ニジェール川中流域のソンガイ語,ジェルマ語などのソンガイ語群Songhai,(2)ナイジェリアのボルヌ地方のカヌリ語,サハラのテダ語,ダザ語などの属するサハラ語群Saharan,(3)チャドのワダイ地方のマバ語群Maban,(4)スーダンのダルフール地方のフール語Fur,(5)エチオピア・スーダン国境地帯のコマ語群Koman,(6)シャリ・ナイル諸語Chari‐Nileがある。シャリ・ナイルグループは,この語族最大の分枝であり,さらに(a)東スーダン諸語Eastern Sudanic,(b)チャド,中央アフリカ,コンゴ民主共和国からスーダン西部の中央スーダン諸語Central Sudanic,(c)エリトリアのクナマ語群Kunama,(d)スーダン・エチオピア国境のベルタ語群Bertaに細分されている。…

【東スーダン諸語】より

ナイル・サハラ語族の下位区分である,シャリ・ナイル諸語Chari‐Nileに属する言語群。スーダン全域からナイル川上流のウガンダ,ケニア,さらにタンザニアに至る広い地域に分布している。…

※「Chari-Nile」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Chari-Nileの関連キーワードナイル・サハラ語族東スーダン諸語ナイルに死す西ナイル熱青ナイル白ナイル青ナイル滝西ナイル熱ナイル殺人事件ナイルの宝石