コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Charles Cagniard de la Tour,C. CharlesCagniarddelaTourC

世界大百科事典内のCharles Cagniard de la Tour,C.の言及

【サイレン】より

…円板の1枚を回転させると,2枚の板の小穴が合ったときだけに穴から空気が噴出し,この断続的な空気流によって,穴数と円板の回転数とを掛けた周波数を基本音とした音が発生する。1819年,フランスの物理学者カニャール・ド・ラ・トゥールCharles Cagniard de la Tour(1777‐1859)によって発明された。ふつうのスピーカーに比較して大きな音を発生させることができるので,強力音源として信号や警報用の装置に利用されている。…

※「Charles Cagniard de la Tour,C.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Charles Cagniard de la Tour,C.の関連キーワードサイレンルーカスイームズチャールズファイザーディケンズ論ドーミエポンタベン派メリル・リンチ[会社]ウィルソン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android