コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロン カロンCharōn

翻訳|Charōn

1件 の用語解説(カロンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カロン(Charōn)

ギリシャ神話で、冥界(めいかい)の川の渡し守。みすぼらしい身なりの老人で、死者から渡し賃をとり船に乗せる。
(Charon)冥王星の第1衛星。1978年に発見された。名はに由来。直径が約1200キロで主星の直径(約2300キロ)に対する比では太陽系で最大。このため冥王星との二重惑星だとして、2006年には惑星への格上げ論もあったが、逆に冥王星が準惑星格下げされた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カロンの関連情報