Chattonella antiqua(英語表記)Chattonellaantiqua

世界大百科事典内のChattonella antiquaの言及

【瀬戸内海】より

…このほか,ノリ養殖は兵庫県で,クルマエビ養殖は山口県で活発に行われている。このような漁業・養殖業が発展する一方,沿岸の工業開発,住宅地化による海の富栄養化が進行して,赤潮が頻発するようになり,1972年には,シャトネラ・アンティーカChattonella antiquaの赤潮が播磨灘一帯で発生し,1400万尾の養殖ブリが死亡し,71億円の被害を生じた。80年ごろから赤潮はやや減少し,年間約200件程度の発生に落ち着いている。…

※「Chattonella antiqua」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android