コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Childebert III ChildebertIII

世界大百科事典内のChildebert IIIの言及

【ピピン[2世]】より

…アウストラシア宮宰(680ころ)であったが,ネウストリアおよびブルゴーニュ宮宰エブロインEbroinに敗れた(680)。しかしエブロインが暗殺されたので,これら両宮宰職をも兼ね,ヒルデベルト3世Childebert III(683ころ‐711)の下に,フランク王国の再統一をなしとげた(687)。添名の〈エルスタル〉は,その宮殿の所在地(リエージュ付近)による。…

※「Childebert III」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Childebert IIIの関連キーワードピピン[2世]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android