Chlorophytum

世界大百科事典内のChlorophytumの言及

【オリヅルラン】より

…南アフリカ原産のユリ科の多年草(イラスト)。和名は,葉の間から出る匍匐(ほふく)枝の先につく子株の葉の姿が,折鶴に似るところから名づけられた。オリヅルランはランという名がついても,ラン科の植物ではない。つり鉢として観賞上,人気がある。葉は細長く濃緑で,短い茎の株もとから四方へ20~40枚が広がる。小さな白い花が長い花茎の先につき,春から夏にかけて咲くが,目だたない。葉間から匍匐枝を出し,その先端部に新苗をつけ,気根をのばし,盛んに栄養繁殖をする。…

※「Chlorophytum」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android