コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Chromecast くろーむきゃすと

2件 の用語解説(Chromecastの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

Chromecast

米国のGoogle社が販売する、テレビと接続して使うストリーミング端末の名称。本体はUSBメモリーほどの大きさで、テレビのHDMI端子に差し込むことにより使用する。これにより、IEEE802.11b/g/nの無線LANを用いて、スマートフォンやタブレットパソコンで見ている映像をテレビ画面で見ることができるようになる。送信元のスマートフォンなどをリモコン代わりに使うことも可能。対応サービスは、2014年5月現在、「YouTube」と「Google Play 映画&テレビ」で、同年5月28日よりNTTドコモの「dビデオ」が、同年6月上旬からKDDIの「ビデオパス」が対応する。Chromecastは、米国で13年7月にサービスが始まり、日本は14カ国目として14年5月28日に発売開始された。

(2014-5-30)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

Chromecast

グーグル社が提供する、テレビに接続して、様々なサービスが利用できる小型の端末機器。「YouTube」などの動画を楽しめる他、動画配信サービスHulu」、ドコモの「dビデオ」、auの「ビデオパス」にも対応している。
ライバル製品には、アップル社の製品「AppleTV」があるが、AppleTVは、グーグル社の基本ソフト(OS)「Android」を搭載した製品に対応していないのに対し、Chromecastは当然ながら、グーグル社の製品である「Android2.3」以降を搭載したスマートフォンやタブレットに対応している。更に、マイクロソフト社のOS「Windows7」以降を搭載したパソコンなどで利用可能であるばかりか、アップル社のOS「iOS6」以降のiPhoneiPad、「OSX10.7」以降のパソコンでも利用することができる。価格も4200円(税別)と、AppleTVの9800円(税別)より安い。また、Chromecastは、幅35ミリ、奥行き72ミリ、高さ12ミリと小さく、かつ重量が34グラムと軽量だ(AppleTVは、幅98ミリ、奥行き98ミリ、高さ23ミリ、重量272グラム)。
基本的な使い方としては、テレビのHDMI端子に接続するだけ。初回のみテレビ画面に設定(セットアップ)の案内が表示されるので、Chromecast経由でテレビに接続させたいスマートフォンやタブレット、パソコンなどの使用機器にChromecast専用アプリインストールする。
Chromecastとスマートフォンやタブレット、パソコンなどの使用機器は、専用アプリ経由でWi-fi接続される。設定が完了すれば、Chromecast対応の使用機器側の動画アプリを、テレビでも見ることができる。例えば、使用機器側に存在するYouTubeのアプリを起動すれば、テレビでもYouTubeを見ることが可能になるのだ。この際、テレビでYouTubeなどの動画を再生させたまま、使用機器側では、別のアプリを起動して利用することもできるため、2画面で、別々のコンテンツを楽しむことができる。
更に、専用アプリの「画面のキャスト」を選択すれば、「ミラーリング」機能が使える。この機能では、使用機器側の現在の画面の様子や、動画以外のアプリをテレビに映すことができる。テレビやプロジェクターにスマートフォンやタブレットの画面を映して、プレゼンテーションを行うなどの用途でも重宝しそうだ。

(横田一輝 ICTディレクター/2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Chromecastの関連キーワードペイテレビグーグル携帯テレビ塔VIERAGoogleテレビテレビ トラッドジャパンドトール 贅沢カフェ・オ・レ 微糖ビトイーンクリアカラービトイーンライオンボス 贅沢微糖

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Chromecastの関連情報