コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Cocculus laulifolius Cocculuslaulifolius

世界大百科事典内のCocculus laulifoliusの言及

【アオツヅラフジ】より

…山野にごく普通にみられるツヅラフジ科のつる性木本(イラスト)。カミエビの名もある。雌雄異株。枝や葉は短毛でおおわれている。葉は互生で紙質,広卵形から3浅裂するものまで変異がある。花序は集散花序で,初夏から夏にかけて小さな黄色の花をたくさんつける。萼片6枚,花弁も6枚で細長く,先は2裂する。雄花では6本のおしべと退化した6本のめしべがある。雌花では仮雄蕊(かゆうずい)6本とめしべが6本ある。核果は粉白色をおびた黒藍色。…

※「Cocculus laulifolius」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone