Collins,H.M.(英語表記)CollinsHM

世界大百科事典内のCollins,H.M.の言及

【ロイター[会社]】より

…イギリスの国内ニュースの取材は,地方紙が組織する通信社PA(Press Association)が担当,ロイターは国際通信社として世界的に活動している。1872年(明治5),ロイターの記者コリンズHenry M.Collinsは海外通信社の最初の特派員として日本を訪れ,爾来日本の新聞に掲載される外電はもっぱらロイターの電報であった。ロイテル,ルーターあるいは路透社電として掲載されているのがそれである。…

※「Collins,H.M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android