Common Desktop Environment

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Common Desktop Environment

UNIXの統一デスクトップ環境。もともとは、業界団体のCOSE(Common Operating System Environment)によって提唱された仕様で、各社で微妙に仕様が異なるUNIXにおいて、APIを統一してアプリケーションのポータビリティを高めるとともに、ユーザーインターフェイス(Look and Feel)も共通化することを目指していた。具体的には、HPの「VUE」、IBMの「Common User Access Model」および「Workplace Shell」、OSFの「Motifツールキット」および「Window Manager(mwm)」、Sunの「OPEN LOOK」および「DeskSetプロダクティビティツール」、USLの「UNIX SVR4.2デスクトップマネージャ」といった各社の独自環境を統合するもので、ベーステクノロジーとして、X Window SystemとMotifツールキット(インターフェイス)が採用された。現在では、仕様策定の場をX/Open(The Open Group)に移し、すでにSolarisやHP-UXを始めとする商用UNIXでCDEが提供されているほか、フリーPC UNIXのLinux、FreeBSD向けにも「Accelerated-X with CDE」が発売されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android