コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Common Open Software Environment

1件 の用語解説(Common Open Software Environmentの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Common Open Software Environment

1993年3月に、Hewlett-PackardIBMSCOSun Microsystems、USL、Univelの有力UNIXベンダー6社が共同で発表した、UNIXにおけるオープンソフトウェア環境。ユーザーに統一された操作環境を提供するとともに、各社のUNIXシステム間でのアプリケーションの互換性(APIの統一によるソースレベル互換の実現)を高めることを目的としていた。当初の発表では、#共通デスクトップ環境#ネットワーキング#グラフィックス#マルチメディア#オブジェクトテクノロジー#システム管理の各分野で、各社が共通の環境をユーザーに提供するとされていた。しかし、その後のUNIXを取り巻く状況の変化などによって当初の開発スケジュールが大きくずれ込み、実質的な成果は、ユーザーインターフェイスの統一を実現した「CDE(Common Desktop Environment)」だけとなった。そのCDEも、仕様管理をX/Open(The Open Group)に移管したことで、COSEもその役目を終えることになった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Common Open Software Environmentの関連キーワードHPHewlett-Packard嶋谷自然リッジウェーPAC南魚沼PAU福島空港大韓航空の青森―ソウル線3点ノルマ制

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone