Cophon

世界大百科事典内のCophonの言及

【解剖学】より

…そのころからギリシアの学問がアラビア語からラテン語に翻訳されるようになった。1100年ころにはイタリアのサレルノにできた医学校でコフォンCophonによってブタの解剖がなされ《ブタの解剖》が出されている。12~13世紀ころからヨーロッパに多くの大学が誕生し医学部で解剖学が講ぜられるようになったが,ギリシア,ローマの古典(ヒッポクラテス,ガレノス)や,アラビアの古典(イブン・シーナー)を読み討論するのみであった。…

※「Cophon」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android