コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Cornelius Cornelius

世界大百科事典内のCorneliusの言及

【ノウァティアヌス】より

…すぐれた神学者,思想家として知られ,主著《三位一体論》は,ラテン語で書かれた最初の重要な神学的著作とされる。デキウス帝の大迫害(249‐250)において,教会を裏切った信徒の迫害後の教会復帰を認めるか否かの問題で,ノウァティアヌスは非妥協,厳格主義の立場からそれを認めず,穏健派のローマ司教コルネリウスCornelius(251選出)と対立した。これには感情的な対立もからみ,ノウァティアヌスは支持者たちによって対立ローマ司教に選ばれ,のち分派活動のかどで破門された。…

※「Cornelius」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Corneliusの関連キーワードナイマン(Michael Lawrence Nyman)アダムズ(John Adams、作曲家)アグリッパ[ネッテスハイムの]ジョニー・ラビット ホッジスあらきゆうこ(MIヘルメス・トリスメギストスソニー フォーチェンコーリー サンダースチェヴィー チェイスチェヴィ チェイスコーネル ワイルドノウァティアヌスプラネタリウムクリス バードチャールズ石ルッチ角礫岩ヤンセニウスイギリス音楽スキピオ家アグリッパ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Corneliusの関連情報