Cystoidea

世界大百科事典内のCystoideaの言及

【ウミリンゴ(海林檎)】より

…オルドビス紀中期~デボン紀後期に栄えた原始的な有柄棘皮(きよくひ)動物の絶滅綱Cystoidea(イラスト)。一般に球状の苞(ほう)からなり,苞は多くの不規則な石灰板でおおわれている。…

※「Cystoidea」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android