D/Eレシオ(読み)でっとえくいてぃれしお(英語表記)Debt Equity Ratio

M&A用語集の解説

D/Eレシオ

企業健全性をはかるために用いられる指標のひとつ。企業の資金源泉のうち、負債が資本の何倍に当たるかを示す指標で、この数値が低いほど財務内容が健全とされる。負債(Debt)を株主資本(Equity)でまかなうことを望ましいとする考えに基づき、長期の支払い能力を表すときに使われ、特に社債の格付けで重視される。一般に、「有利子負債(短期借入金長期借入金、普通社債、転換社債)÷株主資本」で表されるが、広義に、負債(他人資本)を分子に用いた「負債÷株主資本」(=「負債比率」「負債資本比率」)より厳密に狭義には、ネット有利子負債を分子にした「(有利子負債−現預金)÷株主資本」(=「ネットD/Eレシオ」)で表されることもある。 

出典 株式会社ストライクM&A用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android