D系列(読み)ディーけいれつ(英語表記)D-series

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

D系列
ディーけいれつ
D-series

分子構造と旋光性との直接的関係を明らかにすることは立体配置の考えが提示されても不可能であった。そこで多くの光学異性体 (オキシ酸,アミノ酸,炭水化物など) の配置を定めるのに,右旋性グリセリンアルデヒドを基準とし,これをD-化合物として表わすことにした。そしてこれから導かれる化合物をすべてD系列の化合物と定めた。すなわちDは不斉炭素原子 *C を中心とする四面体配置で,-CHO 基を上にしたとき -OH 基が *C の向って右側にあることを示す記号である。これに対して -OH 基が *C の左側にあるものをLで表わし,これから導かれる化合物をL系列の化合物と定めた。小文字の dl は旋光能を表わし,偏光面の回転の実験によって決められる。 d は右旋性を表わし,l は左旋性を表わす。 d を+で,l を-で表わすこともある。前例のように立体配置と旋光能とは,独立に定められ,両者は約束によって関係づけられている。 (→絶対配置 )

d系列
ディーけいれつ

D系列」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android