D.S. マーシャル(英語表記)David Saul Marshall

20世紀西洋人名事典の解説

D.S. マーシャル
David Saul Marshall


1908.3.12 -
シンガポールの弁護士,政治家。
元・首席大臣。
弁護士を経て、1938年抗日義勇団に参加。’47年労働戦線党を結成し、党首となる。’55年立法議会議員、首席大臣就任。’56年対英立交渉に失敗し党首を辞任。以後弁護士として活動。78年駐フランス大使などを経て90年から駐スイス大使。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android