DDR2 SDRAM(読み)でぃーでぃーあーるつーえすでぃーらむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DDR2 SDRAM

データの転送速度がDDR SDRAMよりさらに高速になったSDRAM。形状が異なるため、DDR SDRAMとの互換性はない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ディーディーアールツーエスディーラム【DDR2 SDRAM】

コンピューターのメインメモリーに用いられるRAMの一種。従来のDDR SDRAMを改良し、バスクロックを2倍に高めて動作するため、DDR SDRAMの約2倍、SDRAMの約4倍の高速化が図られている。2004年頃から普及し始めた。◇「double data rate 2 synchronous dynamic random access memory」の頭文字から。略して「DDR2」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android