コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DEATH NOTE ですのーと DEATH NOTE

3件 の用語解説(DEATH NOTEの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

DEATH NOTE

原作・大場つぐみ、作画・小畑健によるマンガ。少年マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社) にて2004年1号から06年24号まで連載された。単行本は全12巻。名前を書いた人間を死に至らしめることが可能な死神のノート「デスノート」を使い、犯罪者のいない理想の世界を実現しようとする天才・夜神月(やがみらいと)と、世界的な名探偵・L(える)との頭脳戦を描く。06年に実写映画化され、同年には日本テレビ系列でテレビアニメも放送された。米国や欧州など海外でも出版されて人気を博しているが、一部の国では子どもへの悪影響を懸念する声も挙がっている。

(2013-4-30)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

DEATH NOTE

日本のテレビアニメ。放映は日本テレビ系列(2006年10月~2007年6月)。原作:大場つぐみ、小畑健による漫画作品。制作:マッドハウス。声の出演:宮野真守ほか。名前を書かれた者が必ず死ぬという「デスノート」をめぐるサスペンス。2006年には実写映画化された。2007年、東京国際アニメフェアにてテレビ部門優秀作品賞受賞。

DEATH NOTE

小畑健作画、大場つぐみ原作による漫画作品。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする男と世界一の名探偵の頭脳戦を描く。『週刊少年ジャンプ』2004年第1号~2006年第24号に連載。集英社ジャンプコミックス全12巻。2006年「デスノート」「デスノート the Last name」として金子修介監督による映画が公開され、2008年スピンオフ作品「L change the WorLd」も公開された。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DEATH NOTEの関連キーワードバクマン。茱萸男組スカルマンつぐみ TUGUMIつぐみ堂つぐみへ… 小さな命を忘れないDEATH NOTE デスノートDEATH NOTE デスノート the Last nameやる気まんまん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

DEATH NOTEの関連情報