コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DFラインの事情と役割

1件 の用語解説(DFラインの事情と役割の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

DFラインの事情と役割

ザッケローニ監督がCBの軸に据えてきたのは吉田(サウサンプトン)と今野。監督が指揮した49試合で、2人が共に先発したのは28試合。監督がCBに求めるのは守備だけでなく、攻撃の組み立てにおけるパスの精度や足元の技術だ。昨年の東アジア杯で頭角を現した森重(FC東京)は1対1や空中戦に強く、伊野波(磐田)はCBとSBの両方をこなす。対戦相手の戦術や試合展開によっては、組み合わせを変える可能性はある。オプションとして3―4―3も試してきた。タイミングの良い攻撃参加も求められるSBは、右が内田(シャルケ)、左は長友(インテル・ミラノ)が基本だが、内田はけがから復帰したばかり。攻撃力のある酒井高(シュツットガルト)、酒井宏(ハノーバー)も出場を狙う。

(2014-05-16 朝日新聞 朝刊 スポーツ2)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DFラインの事情と役割の関連キーワード軸本据石据付ける手に据えた鷹を逸らす引据えるなにをたべてきたの?マスケローニの定数ピケローラー1トップ事情と国内組の台頭マッケロー,R.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

DFラインの事情と役割の関連情報