コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DFラインの事情と役割

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

DFラインの事情と役割

ザッケローニ監督がCBの軸に据えてきたのは吉田(サウサンプトン)と今野。監督が指揮した49試合で、2人が共に先発したのは28試合。監督がCBに求めるのは守備だけでなく、攻撃の組み立てにおけるパスの精度や足元の技術だ。昨年の東アジア杯で頭角を現した森重(FC東京)は1対1や空中戦に強く、伊野波(磐田)はCBとSBの両方をこなす。対戦相手の戦術や試合展開によっては、組み合わせを変える可能性はある。オプションとして3―4―3も試してきた。タイミングの良い攻撃参加も求められるSBは、右が内田(シャルケ)、左は長友(インテル・ミラノ)が基本だが、内田はけがから復帰したばかり。攻撃力のある酒井高(シュツットガルト)、酒井宏(ハノーバー)も出場を狙う。

(2014-05-16 朝日新聞 朝刊 スポーツ2)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android