コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DN ディーエヌ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

DN
ディーエヌ

2,4ジニトロ-6-シクロヘキシルフェノールの略称。葉だにの成虫,幼虫,卵やあぶら虫,介殻虫などの殺虫剤として使われる。製剤には乳剤 (15%,12.5%) があり,残効性はあまりない。純品は黄色結晶で水には溶けにくいが,ベンゼン,トルエンなどの有機溶剤に溶ける。乳剤は夏季 1200~2000倍液,冬季 1000倍液にして用いるが,夏季は薬害を生じやすい。冬季にマシン油乳剤に加用すると害虫の駆除に有効である。劇物。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

DNの関連キーワードマクスウェル‐ボルツマンの速度分布則巨大核細胞質DNAウイルスニックトランスレーションジャンフランコ フィーニデオキシリボヌクレアーゼドメインネームサーバーミトコンドリアDNAポリメラーゼ連続反応モファット・トンネル均衡理論(経済学)モッラー・サドラーダイナミックDNSDNAポリメラーゼフォイルゲン反応部位特異的組換えDNライティングネームサーバーISDN TAマイクロアレイサザンブロット

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

DNの関連情報