コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DVフォーマット でぃーぶいふぉーまっと

1件 の用語解説(DVフォーマットの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DVフォーマット

現在普及しつつある、家庭用デジタルビデオ(DV)のフォーマット。民生用の規格であるベータマックスS-VHS、Hi8などはすべてアナログ記録されているが、DVはこの記録方式をデジタル化したもので、非常に高画質。水平解像度は約500本程度。輝度(Y)信号と色(C)信号を別々のトラックに記録するコンポーネント記録を採用している。そのため、色情報の帯域が広くカラーの再現性が高い、また、ジッター(VCRで再生した画面の微妙な揺れのこと)がないという特徴がある。デジタル音声は16ビット/48kHzアフレコ可能な12bit/32kHzの2種類をサポートしている。ミニカセットと標準カセットの2種類がある。FireWire対応のデッキを利用すれば、デジタル信号を直接Macintoshに転送でき、劣化のない編集が可能になる。また、制御用の信号を独立してもっており高度な編集ができる。なお、デジタルビデオではFireWireを「DV端子」や「i-LINK端子」(ソニーVaio)などと呼んでいる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DVフォーマットの関連キーワードHDVDV端子DVカメラデジタルビデオカメラハイブリッドビデオレコーダービデオゲームセルビデオレンタルビデオデジタルビデオブロードキャスティングビデオケーブル

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

DVフォーマットの関連情報