コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Dhū Nuwās DhuNuwas

世界大百科事典内のDhū Nuwāsの言及

【イエメン】より

…コーラン34章16節に記された大洪水はマーリブのダムの決壊のことと解され,イエメンの灌漑農業の荒廃を象徴的に物語る。最後のヒムヤル王ズー・ヌワースDhū Nuwās(在位487‐525)はユダヤ教に改宗し,ナジュラーンのキリスト教徒を虐殺した。ビザンティン皇帝の要請を受けたアクスム王は,イエメンに出兵してズー・ヌワースを殺し,その後アビシニア(エチオピア)のイエメン支配が続いた。…

※「Dhū Nuwās」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone