コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Die Gesellschaft für empirische Philosophie DieGesellschaftfurempirischePhilosophie

世界大百科事典内のDie Gesellschaft für empirische Philosophieの言及

【論理実証主義】より

…その主要メンバーとしては,シュリックのほか,哲学者のクラフトV.Kraft,物理学者(後に哲学者)のカルナップ,フランクP.Frank,数学者のメンガーK.Menger,ゲーデル,社会科学者のノイラートなどがあげられる。これとほぼ時を同じくして,ベルリンにライヘンバハを中心に〈経験哲学協会Die Gesellschaft für empirische Philosophie〉が設立され,これと協同して30年に機関誌《認識(エルケントニス)》を発刊し,この論理実証主義の思想は世界に広まっていくことになる。これに呼応して,コペンハーゲンのヨルゲンセンJ.Jörgensen,シカゴのC.W.モリス,ワルシャワの論理学者たちがこの思想の共鳴者となる。…

※「Die Gesellschaft für empirische Philosophie」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Die Gesellschaft für empirische Philosophieの関連キーワードルーマンウェントラントウィットフォーゲルパプストウィーヘルトシュミットファスビンダールビッチアーエーゲー・テレフンケン[会社]ゲマインシャフト