コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Diogo Cão DiogoCao

世界大百科事典内のDiogo Cãoの言及

【コンゴ民主共和国】より

…コンゴ王国は,現在のコンゴの西端(コンゴ河口周辺地域)からアンゴラ北部に広がる領土をもち,マタンバ,ヌドンゴなどの諸地方にある多くの小首長国を属領として支配し,かなり整備された政治制度と物質文明を備えた黒人国家であった。その後1482年にポルトガル人ディオゴ・カンDiogo Cãoが船隊を率いてコンゴ河口に到達し,ここにコンゴ王国とヨーロッパ勢力との最初の関係が生まれた。コンゴ王国のポルトガルに対する態度はきわめて友好的で,当時の王(マニ・コンゴMani Kongoと呼ばれた)ヌジンガ・ヌクウNzinga Nkuwu(在位?‐1506)は自らポルトガル名を採用してジョアン1世と称し,ポルトガルと外交関係を開いた。…

※「Diogo Cão」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Diogo Cãoの関連キーワード大航海時代ベハイム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android