コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Dorylinae Dorylinae

世界大百科事典内のDorylinaeの言及

【サスライアリ】より

…膜翅目アリ科サスライアリ亜科Dorylinaeに属するアリの総称で,サスライアリ属Dorylusとヒメサスライアリ属Aenictusの2属からなり,アフリカからアジアの熱帯地方にかけて分布し,日本には西表島に小型のヒメサスライアリの1種が生息している。働きアリは複眼を欠くか,痕跡的な1個眼しかなく,サスライアリ属のものは多型で大型の兵アリから小型の働きアリまで連続した変異が見られるが,いずれも先端のよくとがった大あごをもっている。…

※「Dorylinae」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Dorylinaeの関連キーワードサスライアリ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android