E.F.W. プフリューガー(英語表記)Eduard Friedrich Wilhelm Pflüger

20世紀西洋人名事典の解説

E.F.W. プフリューガー
Eduard Friedrich Wilhelm Pflüger


1829.6.7 - 1910.3.16
ドイツの生理学者。
元・ボン大学教授。
ハナウ生まれ。
医学、生理学をマールブルク大学、ベルリン大学で学び、1858年ベルリン大生理学教授、1859年ボン大学教授、生理学研究所所長を歴任。主な業績は神経生理学をはじめ、代謝・呼吸に関する生理学や発生学に関するもの。又呼吸の行われる場所が血液ではなく、組織であることを示した。神経筋標本の神経を直流で刺激するとき、どのような場合に筋肉の収縮がおこるかは「プフリューガーの収縮の法則」として知られる。他に脊髄の感覚中枢的機能、腸管運動、体温調節に関する研究も行った。著書に「Wesen und Aufgaben der Physiologie」(1878年)、「Die allgemeinen Lebenserscheinungen,Bonn」(1889年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android