コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EDS 法 いーでぃーえすほう

世界大百科事典内のEDS 法の言及

【石炭液化】より

…この技術は直接液化と間接液化に大別される。
[石炭の直接液化]
 固体である石炭を直接的に液体燃料に変換する方法で,原理によって,(1)低温乾留法(COED法),(2)接触水素化分解法(ベルギウス法,H‐Coal法),(3)非接触溶剤抽出法(SRC法,EDS法,ソルボリシス法)の3種類に分類される。(1)低温乾留法 石炭を比較的低温(400~600℃)で乾留し,得られる低温タールを精製して液体燃料とする方法で,COED(coal oil energy development)法などがあるが,液体製品の収率が低いのが欠点である。…

※「EDS 法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

EDS 法の関連キーワードロビンソン(Henry Peach Robinson)サンガー(Frederick Sanger)ヤング(La Monte Young)ハネウェル・インターナショナルストラクチャードプログラミングミュンスター彫刻プロジェクト国立特別支援教育総合研究所エレクトロニクス史(年表)ヨーロッパ安全保障協力機構コンピュータ史(年表)ゼネラル・モーターズ開発途上国開発問題ギルブレス(夫妻)レビストロース磁気浮上式鉄道チューリング賞コンピュータブロータース転移(腫瘍)ジェームソン