コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EMET えめっと

1件 の用語解説(EMETの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

EMET

Windowsの脆弱性を緩和するMicrosoft社の無料ツール。正式名称は「Enhanced Mitigation Experience Toolkit」。OSやソフトの欠陥を修正する「更新プログラム」をインストールするまでの危険性を緩和するものとして用いられ、攻撃者による任意コードの実行を抑制することでコンピーターウイルスの感染などを可能な限り防ぐことができる。2014年5月2日現在、最新バージョンは13年11月12日に公開されたEMET4.1。サポートするOSは、WindowsXP(SP3以降)、Windows Vista(SP1以降)、Windows7全バージョン、Windows8、他サーバー用はServer2003(SP1以降)、Server2008全バージョン、Server2008 R2全バージョン、Server2012。14年4月、WindowsOSが標準搭載するブラウザーInternet Explorer6~11」に新たな脆弱性が発見され、EMETの使用が推奨された。

(2014-5-02)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

EMETの関連キーワードブラウザークラッシャー鎮痙剤緩衝装置幕間劇ゼロデー攻撃ノーカーデープレゼンティングゼロデー脆弱性関節円板緩和剤

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

EMETの関連情報