コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EPAに基づく外国人の介護・看護候補者受け入れ

1件 の用語解説(EPAに基づく外国人の介護・看護候補者受け入れの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

EPAに基づく外国人の介護・看護候補者受け入れ

2008年度からインドネシア人、09年度からフィリピン人の受け入れが始まり、これまでに国内全体でインドネシア人570人、フィリピン人310人を受け入れた。国際厚生事業団によると、県内は6人が働いている。母国ではケア資格を持っていても日本では無資格扱いとなるため、介護福祉士候補者は上限4年、看護師は3年の滞在期間内に国家試験に合格しなければならない。不合格なら帰国する。看護師試験は年に1回受験機会があるが、介護福祉士は4年間で1回だけ。

(2010-01-24 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

EPAに基づく外国人の介護・看護候補者受け入れの関連キーワードインドネシア語派マレー語ミクロネシア人来年度マレーポリネシア語族インドネシア国家警察改革支援ガルーダ・インドネシア航空機事故インドネシア人看護師、介護福祉士インドネシア人介護福祉士候補者EPAによる看護師、介護福祉士候補者受け入れ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone