コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EPS(Earning per share) いーぴーえす(あーにんぐ・ぱー・しぇあ)

3件 の用語解説(EPS(Earning per share)の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

EPS(Earning per share)

1株あたり当期純利益のことで、フローの面の情報を知るのに有効。EPS=当期純利益÷期中平均株式数となる。(期中平均株式数=期中平均発行済み株式数-期中平均自己株式数)

EPS(Earning per share)

1株あたり当期純利益のことで、フローの面の情報を知るのに有効。EPS=当期純利益÷期中平均株式数となる。(期中平均株式数=期中平均発行済み株式数-期中平均自己株式数)

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

EPS(Earning per share)の関連キーワード純利益利益当期利益税引後当期純損益税引後当期純利益税引前当期純利益税引後利益配当性向・配当利回り一株当たり利益

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone