コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ERM(Exchange Rate Mechanism )

外国為替用語集の解説

ERM(Exchange Rate Mechanism )

通貨統合非参加国(EU加盟国)の通貨と、ユーロ間の為替相場を一定の変動幅で連動させるもの。為替相場を安定させ、非参加国に通貨統合採択を促進させることを目的とする。ERM参加国は、対ユーロの中心レートが設定され、変動幅は上下15%。15%を超えた場合には自動的に無制限の介入が行われる。1999年1月1日から実施。1979年に設立された欧州通貨制度のERMと区別してERM2、ERMⅡ、新ERMなどと言う事もある。

出典|(株)マネーパートナーズ外国為替用語集について | 情報

ERM(Exchange Rate Mechanism )の関連キーワードポンド(イギリスの通貨単位)Fermi Energieリラ(イタリアの通貨単位)マルク(ドイツの通貨単位)デジタルウォーターマーク全社的リスクマネジメント欧州連合(EU)とユーロヒメマダラカツオブシムシポンド危機ポンドアタック欧州為替相場メカニズムリソマージ質ラテライトヨーロッパ通貨単位ヨーロッパ通貨制度為替相場メカニズムターゲット・ゾーンハイダトサーマルkey termCOSO ERMテンプツーパームEC共同フロート

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android