コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ERM(Exchange Rate Mechanism )

1件 の用語解説(ERM(Exchange Rate Mechanism )の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

ERM(Exchange Rate Mechanism )

通貨統合非参加国(EU加盟国)の通貨と、ユーロ間の為替相場を一定の変動幅で連動させるもの。為替相場を安定させ、非参加国に通貨統合採択を促進させることを目的とする。ERM参加国は、対ユーロの中心レートが設定され、変動幅は上下15%。15%を超えた場合には自動的に無制限の介入が行われる1999年1月1日から実施。1979年に設立された欧州通貨制度のERMと区別してERM2、ERMⅡ、新ERMなどと言う事もある。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ERM(Exchange Rate Mechanism )の関連キーワード準通貨通貨ECUERM通貨統合ECB(European Central bank)ペッグ制(Pegged exchange rate system)欧州中央銀行(European Parliament)基軸通貨(Key Currency)国際通貨基金(IMF:International Monetary Fund)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone