コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ES細胞とブッシュ政権

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ES細胞とブッシュ政権

ES細胞はあらゆる臓器や組織になる能力がある。インスリンを生産する膵楕すいぞう)の細胞がつくれれば糖尿病の治療に使える。神経細胞をつくり、脳神経が侵されるパーキンソン病の治療につなげる研究への期待も高い。しかし、米国では宗教右派を中心に受精卵を壊すことへの反対が強く、ブッシュ大統領は01年8月以降、新規のES細胞研究には連邦予算から助成しない方針を堅持している。連邦議会では推進意見が多く、助成を拡大する法案が下院で昨年5月、上院でも今年7月に可決されたが、大統領は就任後初の拒否権を発動し、発効を阻んだ。

(2006-11-02 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android