コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EU憲法問題

1件 の用語解説(EU憲法問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

EU憲法問題

EUの運営を効率的にし、市民に近い存在にするため、新たな基本条約となる「EU憲法条約」が04年に署名された。これまでは先立つ条約の改正版だったが、憲法条約はまったく新しく起草された。だが05年にフランスオランダ国民投票で批准を否決。ドイツなど18カ国は批准したが、1カ国でも批准しなければ発効しないため、作業は暗礁に乗り上げた。07年前半の議長国ドイツは、これまでのように現行条約の改正版による局面打開をめざす。6月の首脳会議で合意して、7月に政府間協議を開始、12月に署名。各国は国民投票ではなく議会で批准を決め、09年前半までの発効が目標だ。

(2007-06-21 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

EU憲法問題の関連キーワード総資本回転率都市国家EU憲法条約効率的AVMコーポクラシー農業経営の展望路網EUの新基本条約EU憲法

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone