コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Education Worker's International EducationWorkersInternational

世界大百科事典内のEducation Worker's Internationalの言及

【プロレタリア教育運動】より

…しかし,学校は支配階級の〈観念工場〉〈労働力養成工場〉であるとの批判が高まり,ここから人間の全面発達の教育を要求して教育労働者への呼びかけが始まる。1924年こうした立場から教育労働者インターナショナルEducation Worker’s International(略称,エドキンテルンEduc‐Intern)は,ブリュッセル大会で規約を制定し,〈資本主義によって奴隷化された学校を解放し,人類共同の全所有物のための教養労働所に変転すること〉,教育者の闘争は〈学校における資本主義イデオロギーの力,主として戦争の偏狭愛国主義的帝国主義的讃美と学校の宗教化とに対する抗争であり,民族や国民性の区別を超越しての労農大衆の団結のためであらねばならない〉と目標を規定して,運動を国際的に展開するにいたる。
[日本]
 日本でも第1次大戦後,経済的変動の影響を受けて待遇改善を要求する教員組合運動が各地に起こり,1919年に下中弥三郎を中心とする啓明会が成立してからは全国的な運動に広がった。…

※「Education Worker's International」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Education Worker's Internationalの関連キーワード生涯教育家庭教育バーナード高等教育国際理解教育国際教育局NEAカウンツカバリーキャンデル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android