Elitebaum

世界大百科事典内のElitebaumの言及

【林木育種】より

… 精英樹選抜育種事業では,各種の用材生産を目的として,おもに太さ(胸高直径),材積(幹の使える部分の体積)が大きいこと,樹冠の広がりが狭いことなどを目安にして精英樹を選ぶ。精英樹はドイツ語Elitebaum(英名elite tree)からの訳語で,欧米では,表現型によって選ばれた優れたもの(プラス木)が遺伝子型でも優れていることが確かめられて初めて精英樹と呼ぶことになっているが,日本でいう精英樹は欧米でいうプラス木にあたる。これは選抜された精英樹から挿木か接木でふやした個体(クローン)で,挿木で増殖しやすいものは採穂園を,挿木の難しいものは採種園をつくる。…

※「Elitebaum」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android